アパレル転職 インタビュー

アパレル業界のこと

アパレルの営業からラグジュアリーブランドの販売員へ転職を決意!その経緯を徹底インタビューしてきた!

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

私の友人であるモーフィアスが先日、アパレル転職でラグジュアリーブランド へ行くと決意したんだよ。

 

その時に彼がとった行動や心理部分をインタビューしてきたので、これからアパレル転職を考えている人はぜひとも参考にしてほしい。

 

ちなみにだが、これまでの彼の簡単な経歴はこうだ。

友人(モーフィアス)の経歴

・某セレクトショップで6年ほど働く(退職時の役職は店長)

・ベンチャー企業でアパレル営業として約2年働く(海外に飛びまくる生活)

・なう(転職を決意)

では、早速インタビューしていこうと思う。

営業職からアパレル販売員に戻ろうと思った友人へ突撃インタビュー

なんで再びアパレル販売員に転職を考えたのか?

ジョニー
では早速インタビューさせていただきたいのだが、2年間アパレル業界の営業を続けてきたのにまたアパレル販売員に戻ろうと考えたんだい?

モーフィアス:一度アパレル販売員から離れて、同じアパレル業界でも違う仕事をしてみたいって思って営業職に転職したんだ。最初は、仕事で海外に行ったり買い付けのサポートのような仕事をしていて、刺激も多く楽しかったんだけどね。

 

ジョニー
なかなか刺激が多く楽しそうだね。

モーフィアス:だけど1年くらいこの生活を続けていると、いろいろと考えることが増えたんだ。国外含めて出張がとにかく多く、ゆっくり自分の時間をとることが出来なくて「このままでいいのか?」って考え出したんだ。

もっと踏み込むと、やりがいはあったものの、休みが少なく、給料も決して良くはなかったんだ。

ジョニー
自分の時間もなくて給料も少ないってよほど好きじゃないとしんどそうだな。

モーフィアス:そんなモヤモヤを抱えているうちに、ある決定的なことに気が付いたんだ。「あ、思ってたのはこんな生活じゃない。」ってね。

それに一度離れたことによって、僕は「販売員」という仕事が好きだったんだなって改めて気がついたよ。

ジョニー
なるほどね。まとめるとこんな感じかな。

転職を決意した理由

  • 休みが少ない
  • 給料が物足りない
  • プライベートな時間をなかなか作れない
  • 販売の仕事が好きだと気がついた

転職するにあたって外せなかった条件はある?

ジョニー
営業職から販売職に戻るにあたって、これだけは外せない条件はなんだったんだい?

モーフィアス:実はずっと働いてみたいラグジュアリーブランドがあったんだ。はっきり言うけど、僕は今の仕事に対するモチベーションはかなり低い。

そこで、自分が好きなブランドの制服を着て、好きな販売の仕事をすることで自分のモチベーションを高めて行きたいって思うようになったんだ。なので「自分のテンションが上がるブランド」は絶対に外したくない条件だね。

ジョニー
そうだな。好きでもないブランドの制服を着て好きでもない商品を売るのはいくら仕事だといえ、お客さんに失礼だからね。

モーフィアス:次は先ほどのインタビューでもあったように「年収、休日」は自分が納得できるボーダーくらいは絶対に外せないね。

どんな好きなブランドでも結局は「仕事」だからお金だって稼ぎたいし、自分のプライベートな時間もしっかり確保したい。

外せない条件

  • モチベーションが上がるブランド
  • 休日がちゃんと取れる
  • 仕事に見合った額の給料をもらえる
ジョニー
これまでプライベートを犠牲にして頑張ってきたんだ。転職に成功すればきっと上手くいくさ。

どの転職エージェントに登録した?

ジョニー
転職をするにあたって、どのアパレル転職エージェントを利用したんだい?

モーフィアス:今回、転職するにあたって登録したのはクリーデンスiDAだよ。

ジョニー
なんでその2社を選んだんだい?

モーフィアス:単純に知名度が高く、僕の友人も何度か利用していてクリーデンスは信頼できると思ったからだよ。iDAに関してはラグジュアリーブランドの転職に強いって聞いたので、一応登録しておいたんだ。

どんなブランドが求人に出ているのかっていう情報もできるだけたくさん欲しかったからね。

ジョニー
しっかり考えているじゃないか。おそらく私が逆の立場でもその2社を選んだだろう。

初回のエージェントとの面談はどうだった?

ジョニー
2社ともエージェントと面談したのかい?

モーフィアス:いや、クリーデンスは直接会いに行ったけどiDAは面談ではなく電話だったんだ。

ジョニー
ふむふむ、どんなことを聞かれたんだい?

モーフィアス:僕は働きたいブランドが決まっていたので、そこについての質問がメインだったよ。ざっくり大きくこの2点だね。

聞かれた質問

  • なぜ○○(ブランド名)に行きたいのか?
  • 営業職からなぜ販売職に転職したいのか?

モーフィアス:理由については先ほど話した通りだよ。細かいところまでグイグイ聞いてきたからグイグイ答えておいたよ。

転職で失敗したくないし、こちら(求人者)が情報を出し惜しみする理由もないからね。できる限り細かく話したし、外せない条件だってバッチリこの時に伝えたよ。

ジョニー
転職で失敗してしまう大きな原因の一つにミスマッチがある。そこまで詳しく話したのなら問題なさそうだ。

その後のエージェントの対応はどうだった?

ジョニー
初回面談からエージェントの対応はどうだったんだい?

モーフィアス:実は今回、面談に行ったクリーデンスだけど、希望の担当者がいたんだよ。僕の友人が二人とも僕が希望している担当者で転職を成功させていたんで「じゃぁ僕もその担当者がいい」ってね。

だけど今回はタイミングが合わず、希望の担当者ではなかったんだ。

ジョニー
それは残念だったな・・・希望とは違う担当者になってしまったようだが上手く行ってるのかい?

モーフィアス:基本的には問題ないよ。一つ要望を出すとすればもう少しレスポンスを早くしてほしかったってところだね。

時期的に一人当たりが抱えている求人者が多かったのかもしれないが、すぐに返事がほしい時でも2〜3日は返事が返って来なかったからね。

ただ、返事の内容は的確で的を得ていたので、その点は満足しているよ。

ジョニー
相手も人だからね。その場合はもう少し早くレスポンスがほしいって要望を出しても良かったかもしれないね。ちなみに私が初めてエージェントを利用した時の記事もあるので、下記記事もチェックしてほしい。

転職は成功した?

ジョニー
で、気になる転職は成功したのかい?

モーフィアス:結論から言うと成功したよ。ただ、第一希望だったブランドではないけどね。。。というのも第一希望だったブランドの求人場所がいま住んでいる場所からあまりに遠すぎたんだ。

近場の百貨店や路面店での募集があれば良かったんだけど、余裕の県外だったんだよね。そこで「どうしようか」悩んでいたんだけど、担当のエージェントにおすすめされたブランドが、僕の希望にマッチしたのと、そのブランドも過去に何度か買い物をしたことのあるブランドだったんだ。

大前提にある自分の希望はクリアしていたのと、そこで自分なりにショップに足を運んでみたり、実際に接客を受けてきたんだけど、店の雰囲気も悪くないし「あ、いいかも」って思ったんだよね。

だから速攻で「○○(ブランド名)の求人に応募してみます」って話をしたら、そこからはトントン拍子で決まったよ。

ジョニー
私も決まった時はトントン拍子だったな。上手くハマると実にスムーズに転職活動は進んでいくんだよな。

まとめ

今回はタイムリーにアパレル転職をした友人がいたのでインタビューさせてもらった。急なお願いだったのに快く受けてくれて非常に感謝している。

 

自分が実際に転職活動を始める場合「ほかの人はどうやっているんだろう」って気になるだろ?私はすごく気になるタイプだ。

 

だから同じように考える人の参考になれば幸いだ。またアパレル業界で転職する友人がいたら突撃インタビューしてみるよ。

 

しかし、転職した人に聞くとみんなクリーデンス使ってるんだよな。知名度が高いのはもちろんだが、圧倒的すぎて少しびっくりしてしまうよ。まぁ私も正社員でアパレルでの仕事を探すならまずはクリーデンスをおすすめするけどね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-アパレル業界のこと
-, , , , ,

Copyright© Luxury Work , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.