ジョニーのアパレル転職記

ラグジュアリーブランドの求人に応募するために【履歴書・職務経歴書】を作成したよ

更新日:

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

今回はこれからラグジュアリーブランドの求人に応募していくために、みんなが大嫌いな「履歴書」と「職務経歴書」の作成に取り掛かろうと思うんだ。あなたも嫌いだろ?

 

そうなんだよ。とにかくめんどくさいから後回しにしてやりたいんだが、これらがないと応募できないからね。

 

めんどくさいが、この書類だけで書類選考を通過できるかどうかが決まるので怠いけどしっかり作らないといけないんだよ。

めんどくさいけど大事な履歴書と職務経歴書の作成

転職経験がないと「どうやって作るんだ?」「この書き方で合っているのか?」って不安は付きまとうものだが安心してほしい。

 

私も正直「???」な状態で頭が真っ白になってしまったんだが、初回のエージェントとの面談で相談したときに気になったので担当のお嬢さんに聞いておいたんだ。

 

クリーデンスでは手書きではなく、PCでの作成になるそうなのだが、クリーデンスから履歴書と職務経歴書のフォーマットをPDFで貰えるんだ。あとは、穴埋め感覚で埋めていけばOK!

 

と、言いたいところだが特に「職務経歴書」だけは、これまでの記憶を掘り下げなければならないので穴埋めではできないんだ。とても苦労したよ。全くの1からスタートとなると6年分の履歴を思い出しながら書かないといけないからね。

ジョニー
こればっかりはエージェントに任せっきりとはいかないんだ。どうやらキャリアアップ転職を常に考えているBOY&GIRLは定期的に職務経歴書を更新しているそうだ。

履歴書の作成

ラグジュアリーブランドに受かるための履歴書作成方法をお教えしたいところだが、残念ながらそんなものはない。

 

これまでの経験や、これまでに学んできたことを嘘偽りなく書くことが大事だ。たまに自分を良く見せるために嘘の情報を書く人もいるみたいだが、悪いことは言わない。そんなくだらないことはしないほうが良いぞ。

 

仮に嘘の情報を載せて、内定をもらったところで、履歴書に嘘を書いていればどうせすぐにバレてしまう。バレなくても入社してからずっとビクビクしながら過ごすことになるし、何よりそんなことでストレスを抱えるのは馬鹿らしいと思わないかい?

 

経験やスキルを多少「盛る」のは戦略としてはありだと思うが「誇張」にも限度がある。やりすぎると誇張ではなく「嘘」になってしまうので、やはり嘘偽りなく正直に今の「ありのまま」を書くんだぞ?

 

また、書くことがないからと「空欄」で終わらせてしまう人もいるが、これもできれば避けたい。理由は簡単だ。空欄だと「書き漏れ」と捉えられる可能性があるからだ。

 

どれだけ捻り出しても書くことがない時は「特になし」としっかり記載するんだぞ。ただ自己PRに限っては「特になし」は絶対にダメだ。

 

そんな奴はいないと思うが、流石に自己PR部分で「特になし」はやる気が完全に感じられないからね。私が面接官で、そんなもの見つけたら100%書類選考は落とすだろう。

注意ポイント

  • 空欄は極力ないように!ないときは「特になし」と記入
  • これまでの経験・スキルを正直に書く
  • 多少の誇張はいいが、やり過ぎると嘘になるのでNG
ジョニー
例えばだが「一般社員しか経験していないのに、店長してました」とかは誇張ではなく完全に「嘘」だ。こういうのは後に自分の首を絞めることになる。やめておけ。

職務経歴書の作成

冒頭でも書いたが、これまで転職をほとんどしてこなかった人間にとってかなり手間がかかる作業だ。一気にやるのは難しいと思われるので、毎日少しづつでも進めていくことを推奨する。

 

フォーマットがあるので、特に迷う箇所はないと思うが一応、書き方を教えておこう。

上手に職務経歴書を書くポイント

【職務要約】

現職では6年間務めており、役職は店長として店舗マネジメントをしております。基本業務はマネジメントですが、在庫・数字の管理及び目標達成に向けての個々のスキルアップを一任しております。

【職務経歴】

2012年4月〜現在 株式会社○○ ○○店 配属

事業内容:アパレル小売

雇用形態:正社員

期間:2012年4月〜現在

【担当業務】

・来店されたお客様へのアプローチ、販売・接客

・シーズンに合わせてVMD変更

・全スタッフのマネジメント業務全般

・店舗の予算分析及び共有

【取り組みと成果】

来店されたお客様の情報をデータベース化することにより、顧客獲得に注力することをスタッフ全員で実施。結果、再来店に繋げるアクションを個々のスタッフが行うことができ、前年比予算達成率137%達成。

また、月1で各スタッフと短時間のミーティングを行い改善点や不満点を聞き取り、店舗環境の改善に努め、働きやすい環境作りを店舗全体で行い、笑顔の絶えないメリハリのある職場環境を作ることができた。

ざっくりだが、こんな感じで書き進めていくと問題なく書けるはずだ。これも履歴書同様に「嘘」を書いてはダメだぞ?

 

これまでに転職経験が何度かある方は、会社別に、それぞれ同じように書いていけばOKだ。

ジョニー
何も難しいことはない。書くことが多いだけだ。しかし、めんどくさいからと簡素化してはダメだぞ?それではあなたの良さがちゃんと伝わらないからね。

エージェントに提出後、添削してもらえる

履歴書・職務経歴書が完成したら、エージェントに提出するんだがクリーデンスの場合はそこから更に添削してくれるから非常にありがたいんだ。

 

私も正直「これでいいのか?」という不安もあったのだが、書き直したほうが良い箇所に赤ペン先生のように「ここは限定せずにもっと簡潔に!」といった具合で訂正箇所を教えてくれるんだ。

 

だから一旦は自分で提出するんだが、最終的にはチェックしてもらい、その修正版が完成品として使われることになるので何も心配はいらないんだよ。

 

ただ、これはクリーデンスでのケースになるので、他のエージェントを利用するのであれば添削は「付いていないオプション」かもしれないので注意が必要だ。

ジョニー
この辺り不安な方はクリーデンスを選んでおけば間違いないので安心だな。

まとめ

私の中で一つの壁だと思っていた履歴書と職務経歴書の作成をお嬢さん(担当のエージェント)のおかげで難なくクリアすることができた。

 

後は「ここだ!」っていうラグジュアリーブランドを見つけることができれば、そこに応募していくだけとなったよ。

 

条件はまだわからないが、少し気になっているブランドがあるので求人を出しているかどうかお嬢さん(担当のエージェント)に聞いてみるとしよう。

 

質問した時のレスポンスも早いので、今のところノンストレスで転職活動ができているよ。ありがたい限りだよ。

この記事のポイント

  • 履歴書、職務経歴書は誇張はしても嘘は書くな
  • 職務経歴書は時間がかかるので時間があるときにコツコツと作成する
  • 作成した内容が不安でもエージェントが添削してくれる
ジョニー
転職活動もかなり進展してきている感じがするな。これはラグジュアリーブランドから内定もらえる日も近いんじゃないか?

ジョニーが利用したエージェント

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-ジョニーのアパレル転職記
-, , ,

Copyright© Luxury Work , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.