ジョニーのアパレル転職記

初めての面談でアパレル転職エージェントに相談した内容について

更新日:

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

ラグジュアリーブランドへの転職をいよいよスタートさせた私だ。

 

早速、アパレル転職エージェントに登録し、エージェントとの面談に行ってきたので、その内容をあなただけに特別にお教えしよう。

ジョニーが登録した転職エージェント

上司や部下以外の誰かと面談なんて、長らくしていなかったので非常に緊張したが、実際に会ったエージェントさんは非常に優しくて接しやすい好感の持てる女性の方だったよ。

 

すぐさま私は口説こうとしたのだが、咄嗟に本来の目的を思い出し、冷静さを保つことができたよ。ははっ

ジョニー
私には愛する家族がいるんだ!

冗談はさておき、私が何を質問したのかが重要だ。これからアパレル転職でラグジュアリーブランドを目指すのであれば、必ず聞いておいたほうが良い質問でもある。

 

あなたが実際にアパレル転職エージェントとの面談の際に是非とも参考にしてほしい。

私が実際に聞いた質問内容はこちら

前回の記事を読んでいない方のために、少し説明をしておこう。私はネットサーフィンをしまくった情報と仲の良いラグジュアリーブランドで働いている友人にどこの転職エージェントが良いのか聞いて回ったんだよ。

 

そこでネットの情報と友人の情報が合致したクリーデンスとファッショーネに登録したんだ。そして今回、面談に来ているのはクリーデンスだ。

 

話を戻そう。今回クリーデンスにやって来たわけだが、オフィスは綺麗でとても清潔感のある空間だったよ。そこで担当者がやって来るまで個室でモジモジしながら待機していたんだ。

 

5分ほどモジモジしていると、可愛らしいお嬢さんがやって来たので、ご挨拶もほどほどに思いの丈をぶつけたんだよ。

ジョニー
私はとにかく給料が多くて時間の融通がきくラグジュアリーブランドで働いたいんだってね

給料は今より上がるのか?

ジョニー
お嬢さん、ラグジュアリーブランドへ転職したら給料は上がるのかい?

「正直、絶対上がるとは言えないけど上がる可能性は充分にありますわ。ただ、いまの店長職はなくなりますが、その辺りはどうお考えで?」

 

ジョニー
や、やはり。しかし大丈夫だ。想定内のことだ。続けたまえ。

「基本的にラグジュアリーと呼ばれる会社は大元は海外ブランドになるのですわ。日本の会社と比べて実力主義と言いますか、頑張りは成果はボーナスやインセンティブによって還元されるブランドが多いのは事実よ。

 

「ただ、やはり全てではないわ。ジョニーさんが給料を第一希望として考えているのであれば、もちろん優先条件として探させてもらいますわ。」

 

「最後に店長職がなくなる件についてだけど、基本的にラグジュアリーブランドに転職して来る人って、ジョニーさんと同じようにアパレル経験が長い方が多いのよ。だから必然的に店長経験がある人たちも多いの。一般社員でも店長クラスのスキルを持っている人たちは沢山いるのよ。」

ジョニー
(可愛い顔してズバズバ言って来るなこの人)そうか。ありがとう。では次の質問だ。

休日日数&残業はどうなっているのか?

ジョニー
休みはちゃんと貰えるのかな?

「基本的に外資系になるので、時間には日本の会社に比べると、うるさい確率は高いですわ。全てのブランドが当てはまる訳ではないけど、休みはしっかり貰えるわ。有休消化だってきちんと消化できるブランドが多いですわね。

 

「例えばこのブランド○○だと、年間休日102日(月8〜9日)に加えて、有給消化率は100%に近いから実際の年間休日で見ると、今ジョニーさんが勤めているブランドと比較すると体感で休みが多いと感じるはずですわ。また、ブランドによってはさらに夏季・冬季・年末年始休暇もあるので体力的にはかなり負担は減るはずですわ。」

 

ジョニー
ふむふむ。残業はどうなんだい?できれば定時で帰りたいんだ。

「これもブランドによる。としか言えないですわ。ジョニーさんもよく理解していると思いますが、販売員って1年の中で繁忙期ってありますわよね?繁忙期に定時上がりは正直、難しいかもしれないわ。それでも会社として定時上がりを推進してるブランドも多いので残業が当たり前ではないってことだけは言えますわね。

 

「逆に繁忙期以外は、定時上がりが当たり前のブランドが多いですわね。時間内に仕事をきっちり終わらせて帰るっていうのが基本スタンスですわ。」

人間関係はどうなってる?

ジョニー
人間関係はやっぱりドロドロしているのかい?できれば平和に過ごしたいんだが。

「ごめんなさい、これは答えられないわ。というより分かるのは不可能に近いのよ。ブランド的には平和でも「特定のSHOP内」だけ人間関係はドロドロ・・・なんてこともありますからね。ジョニーさんが今勤めているブランドもそうでしょう?こればっかりは運の要素が大きいけど・・・分かったわ。可能な限りそういった事実や噂が少ないブランドを紹介するわね。」

 

ジョニー
最近ではパワハラやモラハラといってことに厳しくなってきているが、そのあたりはどうなんだい?

コンプライアンスに注力している企業が増加傾向にあるのは間違いないですわ。ただ、学校のイジメ問題と同じで100%なくすことが出来ていないのが現状ですわ。それほど人間関係って複雑で難しいのですわ。」

必要なスキルや経験はある?

ジョニー
ラグジュアリーブランドで働くにあたって必要なスキルや経験はあるのかい?

「まず、経験に関してはジョニーさんは1社で6年間も働いているし、店長経験もあるので問題ないでしょう。働きながらもうワンランク上のレベルにいけるように努力していけば特に問題ないですわ。」

 

「ジョニーさんは英語や中国語は話せますの?」

ジョニー
私は国内産のサラブレッドだ。日本語しか話せないに決まっているだろう。

「そうね。サラブレッドなら仕方な・・・ダメよ。ばかたれ。ばかジョニー。無事にラグジュアリーブランドへ内定が決まっても、英語が話せなければ店長やその上のポジションを目指すのは難しくなるわ。」

ジョニー
なん・・・だと・・・・

 

「くどい用だけど、ラグジュアリーブランドって外資なのよ。なので上の人間になれば本国とのコミュニケーションは必須になってきますわ。ってことは?あとはわかるわね?」

 

「それにお客様もジョニーさんが働く地域によっては海外のお客様もたくさん来店されるの。現場で英語スキルを求められることもありますし、語学の知識があればそれだけで有利になれますわ。

※現場(店舗)にイングリッシュスピーカーやチャイニーズスピーカーを雇っているブランドも多いぞ。それだけ海外のお客様も多いんだ

ジョニー
実は私も英語くらいは出来ないとダメだと本気出して英語教室に通おうと思っていたところだ。

面接って何回くらいある?

ジョニー
ラグジュアリーブランドの面接ってどれくらいあるんだ?やはり多いのか?

「大体で申し訳ないですけど、平均2〜3回ってところがほとんどですわ。最近ではSkypeを使った面接もあったりと時代の変化を感じるますわね。

 

「まぁ、結果論ですけど落ちるときは一回でも落ちますし、受かるときは5次面接まであっても受かるりますわ。だからあまり回数に囚われない方がいいですわよ。」

ジョニー
その通りだな。私は絶対に受かるから問題ない。無問題だ。

どれくらい案件がある?

ジョニー
私の経験やスキルでどれくらいの求人があるんだ?もちろん、ラグキュアリーブランドで、だ。

「そうね。ジョニーさんはしっかり経験を積んできているから、これくらいかしら?(ばさっ10枚くらい)ただ、今聞いた話を踏まえて「とりあえず」出してみただけだから、これから今聞いた話と求人を擦り合わせて可能な限りジョニーさんの条件に合わせて探していくわ。

 

「ジョニーさんの希望にマッチする案件があれば、私からすぐに連絡させてもらうけど良いかしら?」

ジョニー
もちろんだ。しかしイエス・ノーは、はっきり言わせてもらうぞ

まとめ

ざっくり1時間くらいだったが、クリーデンスのお嬢さんと濃い時間が過ごせたよ。私を担当してくれる女性スタッフの方は意見をズバズバ言ってくれるので、私としてはありがたい限りだ。

 

それだけ真剣に向き合ってくれているのだと、自分のことながら感動したね。

 

エージェントとのフィーリングは転職活動をしていく上で非常に大事なんだ。エージェントに伝えたいことがキチンと伝わっていないと、なかなか希望とマッチする案件も出てこないし、無駄に時間がかかってしまうんだ。

 

転職は気軽にできる時代だが、人生を変える選択でもある。だから失敗しないためにも常に自分が納得できるような行動や言動、環境作りが必要なんだよ。

 

だから面談に行ったら聞きたいことは全部聞いて、自分の中でのモヤモヤが残らないようにするんだ。いいね?

面談での注意点

  • エージェントさんに流されてはダメ
  • 伝えたいことは細かいことでも全て伝える
  • 聞きたかったことは全部聞く
  • モヤモヤしたまま帰らない
ジョニー
これからの未来が変わるんだ。しつこいくらい聞いたって誰も文句は言わないさ。

面談内容まとめ

  • 給料は上がる可能性が高い
  • 休日は増え、残業は少ない(シーズンによる)
  • 人間関係は配属先による(つまり運)ただ、コンプライアンスに注力している企業は増加傾向
  • 語学力(英語・中国語)はあると有利。上を目指すなら必須項目
  • 面接は大体2~3回
  • 初回での紹介案件10件

    (注:ジョニーの場合)

ジョニー
有意義な時間が過ごせた上に、なんとなくこの先のヴィジョンが見えてきたよ。相談するだけでも価値がある濃い内容だったね。次は職務経歴書と履歴書の作成に取りかからないといけないな。

ジョニーが面談したエージェント

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-ジョニーのアパレル転職記
-, ,

Copyright© Luxury Work , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.