ジョニーのアパレル転職記

セレクトショップの店長からラグジュアリーブランドへ転職したいと悩みはじめる

更新日:

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

私も30歳を迎え、アパレル販売員として経験をこれまで積んできたつもりだが、「このままでいいのか?」「もっと上を目指さなくていいのか?」という葛藤を抱えながら、某セレクトショップで6年ほど働いてきたんだが、最近、思うことがあるんだ。

 

アパレル販売員として、このままやっていくことは私の決定事項として決まっているのだが、今後もアパレル販売員として働くのであればシャネルやヴィトンといった世界的に有名なラグジュアリーブランドで働きたいとよく考えるようになったんだよ。

 

よくわからないが、外資系ということで給料も多いんだろ?これから妻や子供達を養っていくためにも、給料はたくさん欲しいからね。

 

こういった「なんとなく感じていた」漠然とした不安が30歳を超えてよく襲ってくるようになったんだ。旦那がエルメスで働いているって聞いたら妻も喜ぶだろ?社会的にもそろそろ次のステップへ移るタイミングが来たんじゃないかってね。

長年勤めている職場を離れていいのか悩んだ

正直なところ、すごく悩んだ問題だ。私は転勤などはあったものの一つのブランドで6年も働いていたんだ。

 

今となっては肩書きも「店長」であるし、今の職場の居心地も良い。もう少し頑張れば、本社勤務やエリアマネージャー、MDといった役職だって狙えるんじゃないか?ってね。

 

それに6年も働いていると、人間関係だって本社含めても大体は分かっているし、また1から仕事を覚えられるだろうか?ラグジュアリーブランドに転職したところで本当に給料は上がるのか?など考え出したら深みにハマってしまったんだ。

悩んだポイント

  • 転職して人間関係はどうなのか?
  • 給料は上がるのか?
  • また1から仕事を覚えられるのか?

こんな感じで悩みのループに落ちていってしまったわけだが、ここで一旦「今の現状を把握する」ことを始めたんだ。

 

後になって気付いたんだが「今の現状を把握する」って実はとても大事なことだから、ラグジュアリーブランドへ転職するかどうかをあなたが悩んでいるのであれば、ぜひ一度、考えてみて欲しい。

今の職場の良いところ・悪いところを紙に書き出した

え?そんなこと?って思われるかもしれないが、漠然と頭の中で考えているより紙に書き出したほうが、圧倒的に思考は整頓されるので非常におすすめだ。

 

人間はそもそも自分が思っているよりも優秀ではないんだ。自分のことだから分かっている「つもり」になっているだけで、客観的な角度から自分を分析すると違った見え方がするんだよ。

ジョニー
今の会社の良いところはアレとソレとコレだな。逆に嫌なところはアレとコレだ。

今の職場の良いところ

まずは今の会社で働いていて良いところ、言い換えれば自分自身が「納得しているポイント」をリストアップしてみたぞ。

GOODポイント

  • 人間関係は良好
  • 6年間働いてきたという実績
  • 店長というポジション
  • エリアマネージャーや本社勤務だって狙えるかもしれない位置にいる

まず、働くうえで人間関係はとても大事だ。その人間関係が良好ってだけでアドバンテージはかなり大きいと感じている。しかし、見方を変えれば転勤などで違う店舗に配属になった場合、この人間関係はなくなるかもしれないというリスクも潜んでいる。

 

ラグジュアリーブランドへ転職した場合、店長というポジションを捨てる可能性がある(その確率の方が高い)にも関わらず本当に転職活動を開始してもいいのだろうか?

今の職場の悪いところ

次に悪いところ。言い換えれば自分が「納得していないポイント」だ。私もそうだったが、おそらくあなたも悪いところの方がスラスラ書けるはずだ。

BADポイント

  • 給料が安い
  • 昇給額が少ない
  • ボーナスが少ない
  • 残業が多い
  • 年間休日が少ない

私の会社は年に1回、給与に関する査定があるのだが、その査定で給料は多少は上がるものの本当に雀の涙ほどなんだ。ボーナス支給額も年に一回しかなく、売上によっては満額もらえないことだってあるんだよ。

 

さらに残業だって多く、年間休日も少ないんだ。私には妻と子供もいるので「家族との時間」があまり取れない事が一番ストレスなのかもしれないな。

紙に書き出したうえで転職した方が良いのか?を考える

良いところは「自分が過ごしやすいからって所」が一番大きいようだ。そりゃそうだよな、6年間も同じ会社で働いていたら自然と過ごしやすくなるってもんだ。

 

紙に書き出して改めて気づいたが、私は家族との時間をもっと大事にしたいんだと気づいたよ。

 

それに、給料も多くはないから妻と子供を養っていくのでいっぱいいっぱいで、妻や子供にプレゼントもロクにできていないし、贅沢もさせてやれていなかったんだな。

 

ここで、ようやく決心が固まったんだよ。悩み出してから時間はかかってしまったけど、ラグジュアリーブランドへ転職して給料をいまよりたくさん貰って、定時退社が当たり前のブランドへ行こうってね。

 

あとラグジュアリーブランドで働いてるって言ったらカッコ良くないか?ラグジュアリーブランドで働くことで自分にもっと自信が持てるんじゃないか?って思えたのも転職を決意した大きいポイントだ。

ジョニー
もっと家族との時間が欲しいし贅沢をさせてやりたいんだ!

まとめ

色々と悩んだ結果、私はラグジュアリーブランドへ転職することを決意したんだ。このチョイスが合っていたのか間違っているのかは動いてみないと分からないが、自分が「納得」するためでもあるんだ。

 

とにかく、どんなブランドが募集していて転職に成功したら年収はどれくらいになるのか?っていうのが全然見えていなかったから、まずは転職エージェントに登録して相談してみることにしたよ。

ジョニー
ラグジュアリーブランドに転職すると決めたからには絶対に転職を成功させてやるぞ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-ジョニーのアパレル転職記
-, ,

Copyright© Luxury Work , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.