派遣社員から正社員へ

アパレル業界のこと

アパレル販売員の派遣社員から正社員になれる人の特徴と具体的な方法について

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

今回は、派遣社員として働いている方が、正社員にどうやったらなれるのか、その方法と実際に派遣社員から正社員になった方の特徴をお伝えしようと思う。

 

今はどのブランドも人材不足なので「良い人」がいたら受け入れたいと考えているブランドがほとんどだ。そこで、どうやったら「良い人」になれるのかを考えていこうと思う。

 

極論を言えば、そのブランドに「あなたは必要な人材だ」と思わせることができたら勝ちだ。

  • 大きな売上を作ることができる
  • 細かいところまで目が行き届く
  • して欲しいことを先回りして出来る能力

ブランドによって求める人材は違うが、私が現場で直に「こいつが欲しい」と思うのは上記の3つだ。それぞれ重要度が違うので、それぞれ掘り下げて説明していく。

 

ブランドの求人状況によって左右はされるが、正社員を目指すにあたって知っておいて損はない情報なので、正社員を目指している方に少しでも参考になればと幸いだ。

アパレル販売員の派遣から正社員になれる人の3つの特徴

そもそも派遣社員から正社員になれるのか?ってところだが、結論から言わせていただくと「なれる」ことを先にお伝えしておこう。

 

本気で正社員になろうと頑張っている人と、派遣先の一つとしか捉えていない人ではやはり行動力が違う。その中でも実際に正社員になれるのは一握りだが、狙ってみる価値は十分にある。

 

その理由としては、全体の割合を見ても、派遣社員として働きにきている人で正社員になろうと思っている人材は少ないんだ。

 

なので、正社員になりたい!って気持ちを持って働くだけで、上位数%に食い込むことができる。あとは目標を達成させるために日々頑張るだけだが、ここで方向性を間違わないようにしたい。

 

ちなみにだが、派遣での仕事を探すなら、アパレルの中でもラグジュアリーブランドに特化しているのでiDAがおすすめだ。

ジョニー
では「あなたが必要だ」と思わせる方法について書いていく。

大きな売上を作ることができる

まずはこれだ。販売員たるもの、売上を作ってなんぼだ。ここで勘違いして欲しくないので、最初にお伝えしておくが、売上もちろん大事だが、優先度は一番低い。

 

しかし、大きな売上げを作ることができるスタッフは間違いなく重宝される。普通の売上ではなく「大きな売上」だからだ。

 

分かりやすくお伝えすると、日々接客しているだけでは大きな売上を作ることはできない。インバウンドやお金持ちの一撃があったとしても、そんなものはただのラッキーパンチだからね。

 

何を言いたいのかというと、安定して大きな売上を作れるってことはあなたの顧客(ファン)がいるってことだからだ。

 

販売員をしていく上で顧客の存在は計り知れない。定期的に購入してくれるお客さんがいるってことだからね。それが一人二人・・・十人いたらどうだろう?

 

一見のお客さんだけでは作ることが不可能な成績(売上)を叩き出せるんだ。

 

短期派遣では難しいが、長期派遣で働いていると顧客さんだって作りやすい。お客さんからしてみれば正社員なのか派遣社員なのかなんて分からないからね。

 

長期派遣で顧客さんを沢山、作ることができたら素晴らしい才能だし、目に見えない努力がすぐにわかる。苦手な人は正社員でもなかなか顧客さんを作ることはできないんだよ。

ジョニー
私のようにね・・・だから顧客(ファン)を作るのが上手な人は重宝されるんだ。

細かいところまで目が行き届いている(視野が広い)

長年、販売員をやっていると、正社員を目指しているのかどうかなんて、普段の動きを見ていればすぐにわかる。

 

言い方は悪いが、なんとなく派遣社員で働いている人は視野が極端に狭いんだ。本気で頑張っている人間は自分のことだけでなく、売り場全体を見渡しているからね。

 

それに、仕事を覚えようとする熱意が違う。逆は頼まれたことしかしない。これはこれで悪いことではない。求められていること以上しても給料は変わらないんだから、熱量に差があって当然だ。

  • 誰かが接客に入ったらフォローに入り、
  • 時間が空いたら売り場環境を整えたり、
  • 備品を補充したり

っていうのを自然にできると「この人がいたら仕事がしやすい」ってなるだろ?自分のこと以外のところに如何に目をやって行動できるかは非常に大事なんだ。正社員だと当たり前のスキルだ。

 

逆に正社員でもこれが出来ていない人も多いので、周りをしっかり見て最適解な行動を取ることができれば、レベルの低い社員なんて一瞬で抜かすことができる。

 

私の職場でも、使えない正社員だっているし、優秀な派遣社員もいる。そしてどちらと今後も働いていきたいか?と聞かれたら優秀な派遣社員だ。

 

正社員でも自分の仕事しか見えていない利己的な人は正直、一緒に働いていてもしんどいだけだ。こういう人がダラダラと残業したりするからね。

ジョニー
形式的な立場は関係ない。如何に一緒に仕事をしやすいと思ってもらえるかだ。

して欲しいことを先回りして出来る能力がある

ここまでと共通するところではあるが「先回りできる能力」は一番重要度が高い。周りの人がして欲しいことを察知して出来る人は、顧客だって作れるだろうし、視野だって広い。

 

接客にしても、お客さんが求めているであろうことを事前に行動に移すことができるってことだからね。それだけでなく、周りのスタッフからも頼む前にしてくれていたらどうだろう。

 

評価はうなぎ上りになると思わないかい?もし、こんな派遣社員がいて「正社員になりたい」と言っていたら上司に進言するだろ?

 

前向きな気持ちがあって、周りが求めていることを事前にしてくれていたら間違いなく正社員になれるように進言するし、事実、私は今までそうやって進言してきた。つまり、自分の味方を確保できるんだ。

 

言い換えれば「自主性が高い」ってことだからね。仕事を待っているようじゃ、正社員になるのは難しい。これはアパレル販売員に限らずだ。

ジョニー
これは才能でもなんでもない。意識次第で容易に実現可能だ。

派遣社員から正社員になるための具体的な方法

正社員になるには?

  • 大きな売上を作ることができ(顧客獲得)、
  • 視野が広く(利己的に動かない)、
  • 周りがして欲しいことを先回りして行動できる

現役正社員からすると、当たり前のことかもしれないが、これらをひっくるめて「人望」になる。人望がないと誰も後押ししてはくれないし、契約期限がきたら終わりになってしまう。

 

極端だが「周りから必要だ」と思ってもらえれば契約延長するように上司に声をかけるし、残ってもらえるように努力する。

 

それでも会社の経営状況や、雇用状況によってどんなに優秀でも流れてしまうケースもあるが、周りに必要だと感じてもらえる能力があれば、どこでもやっていけるし、仮に契約が切れてしまっても、正社員募集に応募をかければいい。

 

上記3つのことができている人の貴重度はかなり高い。正社員でもできていない人が多いからね。当たり前のことを当たり前にするだけで、正社員になれる可能性はグッと上がるし、これらのスキルを身につけておけばどこでも通用するだろう。

 

正社員で仕事を探したい場合は下記記事を参考にして欲しい。

ジョニー
お客さんだけでなく同じ職場で働く社員のファンを作るんだ。

まとめ

何も難しいことなはいんだ。当たり前のことをしっかりこなしていれば、正社員への扉は必ず開く。仮に難しくても、これらのスキルがあれば、正社員採用だって十分に狙える。

 

よく、どうすれば正社員になれますか?って派遣社員から聞かれるんだが、私は決まってこう答えている。

ジョニー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-アパレル業界のこと
-, , ,

Copyright© Luxury Work , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.