MD アパレル販売員 アパレル転職

職種別で探す

MDって誰でもなれる?MDになる方法は?アパレル販売員が目指す理由について

更新日:

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

アパレル販売員をしていると「いつかMDになりたい」って思ったことあるんじゃないか?当然ながら私もある。

 

しかし、結論から言うとMDという職業は特殊なうえにある程度、経験がないとなるのは難しいのも事実なんだ。なので、この記事ではある程度、アパレル業界でも経験があるという前提で書いていこうと思う。

MDってなに?

そもそもMDって具体的には何をするんだ?って人も多いんじゃないか?名前だけ知っていてかっこいい先輩がしている職種って感じだ。

 

ただ最初はそれでいいんだ。憧れだけじゃなく、いつか掴み取ってやるという気持ちを忘れたらダメだぞ?

マーケティング活動のひとつとして位置づけられることが多い。 ただし、マーチャンダイジングという言葉が主として使われる場は、アカデミックな場ではなく、実際の商業の場なので、多義的で流動的に用いられている。例えば百貨店業界でのマーチャンダイジングの実態は、仕入れ、販売、管理などの業務フローについてのマネジメント・コントロールであり、マーチャンダイジングは経営マネジメントの概念のひとつとして捉えるべきともされる。
メーカーで製造された「製品 (Product)」が小売業で扱われると、同一物でありながら「商品 (Merchandise)」へと呼び名が変わる。そこからもMerchandisingという概念は、基本的には小売業と関連のある概念ともされる。製造業においては「商品計画」に類似する「製品計画」という言葉が用いられているが、これは指し示す範囲が異なっているともされる。
近年のマーチャンダイジングにおいては、POSは重要なツールとなっている。
マーチャンダイジングを行っているのは、消費者と直接接する小売業者であることが多い。だが、メーカー、卸売業、小売業などが一丸となって共同で行うこともあり、これは「チーム・マーチャンダイジング」などと呼ばれる。例えばイトーヨーカ堂の「チームMD」などが知られる。

引用-Wikipedia

簡単にいうと、MDっていうのはざっくりマーケティングのことだ。仕入れから販売、商品管理など店舗商品の流れを管理する部門だと思ってもらえるとわかりやすいはずだ。

ジョニー
店舗スタッフがこれは売れる!売りたい!って商品を仕入れることでモチベーションアップにも繋がるんだ。

アパレル販売員がMDを目指した方が良い理由

これは特にメンズに対してお伝えしたいのだが、せっかくアパレル業界で働いているんだから、みんなが憧れるMDになってみよーぜってことだ。給料だって増えるし、キャリアで見ても申し分ない。

 

そして何より、商品の流れを自分で作ることができるんだ。販売員と違って、店舗を回すことになるのでマネジメントの経験にもなる。すでにマネジメントをしている方はもっと伸ばすことができる。

 

基本的に本社勤務になるので、土日休みを希望している方にはもってこいなんだ。特に家族がいて子供もいたりすると、土日祝は休みたいだろ?

 

本社勤務になると、一般的なサラリーマンと同じような休み体系になるので、平日休みがネックになっている人多いのでは?そういった方はキャリアアップも含めて検討価値が十分にあるんじゃないかな。

 

これからもアパレル業界で働いていくのであれば、一度はしておいて損はない職種なんだ。

ジョニー
そんな簡単にMDなれたら誰も苦労はしないって?少しでも確率を上げる方法を教えてあげよう

最速でMDになる為には

最速でMDになる方法は大きく2つだ。ただ最初に注意しておきたいのが、アパレル経験がほとんどない場合は、MDになれる確率は限りなく低いだろう。

 

できれば3年〜の経験。できれば店長経験があると尚GOODだ。もっと言えば英語を話すことができれば、あなたがMDになれる確率は飛躍的に上がるだろう。

 

それらを踏まえて最速でMDになるために必要なことは下記の2つだ。

ポイント

  • 小さいセレクトショップを狙え!
  • MD求人が多いエージェントを使え!

いきなり大手セレクトショップやラグジュアリーブランドのMDを狙っても、正直かなり難しい。わかるだろ?経験がものをいう職種だ。

なのでまずは、「MD」という肩書きを一度でもつけなければならない。そこで言い方は悪いが、小さい会社やショップでMDという肩書きをつけることが長い目で見ると最速の手順になる。

 

これは友人の話だが、とあるセレクトショップでMD経験はなかったのに、MD採用された友人がいたんだよ。彼は英語を話すことはできたものの、MD自体は未経験だったんだ。

 

そこで彼は3年ほどMDとして経験を積んで、そこからラグジュアリーブランドのMDへ転職したんだ。もちろんそのタイミングで給料は爆発的に増加し(もちろん大変だといっていたが)、彼がずっと希望していた土日休みを手に入れたんだよ。

 

それを聞いてこの「友人のキャリアステップの手順は参考になる」と思ってね。MDになりたい人達へ共有したくなったんだね。

 

この業界に長くいると、「いつかなりたい」「チャンスがあれば」と働いている人はめちゃくちゃ多いんだ。そこで、友人のように「自分がMDになるための道しるべ」を作って、それに沿って一つずつ実現していくだけでグッとMDへの道は近くなるんだよ。

ジョニー
勝手にMDに任命されるのを待っていたら来世になってしまうぞ?MDになるためのアクションを起こさなければいけないんだ。

MDの求人が多いアパレル転職エージェント

ある程度、アパレル経験がある方はぜひ、MDへチャレンジしてほしい。仕入れや配分のルールは厳しいが、そのルールの中でいかに自分らしさを出せるかが非常に楽しいんだ。

 

ラグジュアリーブランドだと単価も桁が上がるからね。客単価やセット率をあげるのは接客テクニックだけではない。そもそも商品に魅力がないと売れないだろ?

 

売れない商品をたくさん配分してはダメだし、売れる商品をたくさん配分しないといけない。あなたのセンスと嗅覚が試されるんだ。

 

これは本当にやってみないとわからないんだが、とにかく面白いんだ。自分のセンスが店の売上げを左右するんだからね。やりがいMAXだしMDって響きが最高だろ?

 

MDは特殊な職種なので、やはり案件数自体は多くはない。その中でも比較的、求人が多いのは下記の2社だ。

クリーデンス

 

クリーデンスはラグジュアリーブランドの求人も圧倒的だが、アパレル業界全体で見ても求人数・非公開求人の数が圧倒的に多いんだ。

 

私が知っている中でアパレル業界で転職するなら、1番最初に利用をおすすめするエージェントだ。総合職でいうリクナビみたいなもんだよ。分かりやすいだろ?

 

大手で全国展開してるので、その分、求人数は多い。MDの求人がここまで揃っているのはクリーデンスくらいじゃないか?

 

クリーデンスの詳細は下記記事にまとめてあるので参考にしてほしい。

ジョニー
要点だけまとめておくぞ

GOODポイント

  • 業界最大手
  • 利用可能エリアが日本全国可
  • 取り扱い職種(販売員以外のデザイナーなど)も豊富
  • ラグジュアリーブランドの非公開求人が豊富

他にも履歴書や職務経歴書の添削もしてくれるし、精度も高い。これからMDへ転職をするなら、まず最初に登録しておくべきエージェントだね。

 

逆にクリーデンスを差し置いて登録すべきアパレル転職エージェントがあるなら是非教えてほしい。言い過ぎだって?それくらい登録しておいて間違いないエージェントってことだよ。

クリーデンスに無料登録する>>>

ジョニー
話を聞くだけでも方向性が見えてくるぞ。

ファッショーネ

 

ファッショーネは関東エリアで仕事を探す人にしか利用することができない「関東エリア特化アパレル転職エージェント」なんだ。

 

アパレル業界に特化し、さらに関東エリアに特化させているので、関東エリアに関しての情報密度や非公開求人は他を圧倒するレベルなんだ。

 

特にファッション業界だと東京で働きたいって人も多いんじゃないか?私も東京は大好きだ。刺激が多くて毎日が楽しいからね。

 

詳しくは下記記事で口コミや評判をまとめているので参考にしてほしい。

ジョニー
要点だけまとめておくぞ

GOODポイント

  • 関東エリア(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)に特化
  • 取り扱い職種(販売員以外のデザイナーなど)も豊富
  • 業界未経験でも利用可能

他にも履歴書や職務経歴書の添削、面接対策も当たり前のサービスだ。あなたが関東エリアでMDを目指すのであれば、何を差し置いても利用すべきエージェントだと言える。

 

関東エリアに絞った場合、ファッショーネよりも案件数(非公開求人含む)の質が高いところは他にないんじゃないか?合ったら教えてほしい。それにエリアが絞られている分、ライバルがそれだけ少ないってことなんだ。チャンスをものにする可能性を少しでもあげて欲しいんだ。

ファッショーネの公式をチェックする>>>

ジョニー
あなたが関東エリアでMDの仕事を探しているならラッキーだ。ファッショーネは関東エリアでしか使うことが出来ないんだからね。

まとめ

MDは経験がものをいう職種なんだ。つまり、経験を積んできたら必然的に「MDをしたい」って思うものなんだよ。

 

いわゆる「手に職」になるし、あまりこういう言い方は好きじゃないが聞こえも良い。そしてブランドが大きければ大きいほど給料だって跳ね上がる。

 

自分で勝手に「自分には無理だ」「自分にはまだ早い」といった具合にフィルターをかけてしまうのは非常にもったいない。

 

あなたの市場価値を決めるのはあなたではない。市場だ。

 

あなたが、アパレル業界で高みを目指すのであれば、挑戦する価値は十二分にある。ついでに給料だって爆上がりの可能性を秘めている。

ジョニー
特にメンズで目指している人が多いはずだ。今のご時世、興味があるならプロに無料相談できるのだから積極的に使っていこう

ジョニーのおすすめエージェント2社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-職種別で探す
-, , , ,

Copyright© Luxury Work , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.