アパレル学生バイト メリット デメリット 仕事探す方法

アパレル業界のこと

学生がアパレルでバイトするメリット・デメリットと好きなブランドで働く方法について

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

学生の諸君。バイトはしてるかい?今回は、ファッション好きなあなたの為に学生でアパレルのバイトをすることで得られるメリット・デメリットと、好きなブランドで働く方法について伝授しようと思うぞ。

この記事で分かること

  1. アパレルでバイトするメリット
  2. アパレルでバイトするデメリット
  3. バイトに求められるスキル
  4. 好きなブランドで効率よく稼ぐ方法

学生がアパレルでバイトすることで得られるメリット

アパレルバイト メリット

洋服、ファッションが好きなら、学生のうちに経験しておくことをオススメしたい。

将来の仕事にできるかどうかを判断できる

これはどの業種でも同じかもしれないが、例えばサラリーマンのような仕事は学生ではほとんどないはずだ。学生が営業してるなんて聞いたことないからね。

 

アパレルの強みは学生のうちからアルバイトで仕事内容を経験できるってことだ。基本的には

  • 販売・接客
  • 裏方業務(ストック管理)

の2つに分類される訳だが、現役のアパレル販売員の意見として、特に裏方の仕事をガッチリこなしてくれる学生バイトはめちゃくちゃ重宝される。

 

基本的にブランドで働く働く社員っていうのはそれぞれ役割を任されていることがほとんどなんだ。販売・接客だけでなく数字を追いかけたり、顧客にDMを送ったり、売場を整えたり、やることが沢山あるんだ。

 

そんな中、裏の仕事を完璧にこなされた日には本当に心から感謝の言葉が出るんだよ。もちろん、繁忙期やセール時期になれば、ガンガン店頭で接客してくれれば、それだけ店舗の売り上げも伸びる。

 

任せられる仕事が限られているからこそ「何をしなければいけないのか」が明確なんだ。任せられた仕事をこなしつつ、社員がどういう動きをしているのか、アパレル業界は1年を通してどういったスケジュールで動いているのかっていうのを見てみるといい。

 

そこで、自分に合っている!と感じれば将来的に「アパレルの仕事」も選択肢に入るだろ?それに今後はAI化が進み、人ができる仕事は減っていくと言われている。

 

ファストファッションは無人レジ化が進んでいるものの、セレクトショップやラグジュアリーブランドでは接客がなくなるとは到底思えない。

 

つまり、将来働く仕事の選択肢としては大いにありだと思っている。

 

アパレル業界の流れはどのブランドも大きく変わりはしない。それにアパレルでバイトをしたいってことは洋服やファッションが好きなんだろ?好きなことを将来的にも仕事にできるなら最高じゃないか。

ジョニー
学生のうちから将来の選択肢を増やせるのは大きなメリットだとは思わないかい?

周り(友人)からオシャレだと思われハッピーになれる

自分のステータスが上がるって事は嬉しい事だ。ファッションの最前線で働いていると、職場の先輩からいろんなことを教えてもらえるし、その年のトレンドがわかるようになる。

 

何よりもファッション好きがアパレルで働いていて、好奇心が沸かないわけがないんだ。アパレル業界で働き、新作をチェックし、お客さんに何が似合うのかを日々考えながら接客するんだ。

 

あ、これ僕(私)にも似合うかも・・着たい!欲しい!ってなるのが服好きの性(さが)ってもんだよ。

 

そんな日々を過ごしていて、オシャレにならないわけがないと思わないかい?なんでもそうだが、なりたい自分があるのであれば、なりたい自分になれる環境に身をおくことが大事だ。

 

そして気がつくと周りから○○(あなた)はオシャレだ。と一目おかれるようになる。そうなるとどうだい?ばちくそハッピーだろ?

 

そして学生時代の課題でもある彼氏・彼女問題もファッションに無頓着でダサいやつよりも、オシャレに敏感なあなたの方がモテるのは間違いない。

ジョニー
オシャレだと思われてマイナスになる事は何一つない。オシャレに行こうぜ。

通常のバイトよりも時給が高い

全てのブランドが高いわけではないのだが、ある一定のブランド以上になると時給はかなり高くなってくる。

 

通常のバイトであれば、800〜900円くらいがいいところだろう。しかし、アパレルの中でも「ラグジュアリーブランド」と呼ばれるレベルになるとアルバイトとはいえ時給が1000円を超えることも珍しくない。

 

実際、私が働くラグジュアリーブランドにも学生バイトは数名いるが、なかなか良い給料をもらっているようだ。特に繁忙期の補助スタッフとして雇われているバイトの時給はさらに上がる。

 

当然、繁忙期なので忙しいし、残業だって発生してくるのは避けられないが、「お金」という点で見ればかなり割はいいはずだ。ファッションにさほど興味がなく、お金が目的でも十分に候補に入ってくるはずだ。

ジョニー
お金を稼ぐついでにオシャレになれるなんて最高だなオイ。

チームワークを経験できる

個人事業主の一人社長でもない限り、仕事はチームで行うことが基本だ。それぞれに役割があり、分かりやすいところだと「予算を達成する」という共通の目的がある。

 

店長をはじめ、この予算を達成するために日々試行錯誤し、その手段にはもちろんバイトであるあなたの力も当然考慮されている。

 

これらがうまく噛み合った時に、ギリギリで組まれている予算を達成することができるんだ。で、この達成感っていうのが仕事の醍醐味だと言ってもいい。

 

達成できた時に初めて自信がついたり、やってて良かったと達成感を得られるんだ。学生のうちからこの感覚を得られるのは将来のためにも非常に大きなメリットだと言える。

ジョニー
仕事って嫌なことばかりではないんだよ。

おしゃれな彼女(彼氏)をGETできる可能性が高まる

当たり前だが、働いているバイトスタッフも当然ながらおしゃれで可愛い(かっこいい)人が多い。たまにお主、ジャニーズか?ってレベルだってやってくる。

 

私はもうおじさんで結婚もしているので、そんなウキウキ気分にはなれないが、これが学生なら最高じゃないか?

 

学校では良い人がいなくても、フィーリングが合えば職場で彼氏(彼女)が見つかる可能性があるんだ。しかも、おしゃれである可能性が高い。ついでにスタイルも良い可能性が高い。

 

バイトといえ店頭で接客することも考慮して雇っているからね。ブランドイメージにマッチするように基本的に極端にダサい人は雇わない。雇う側としても、かっこよくて(可愛くて)スタイリッシュな人を雇いたいと思うのは当然だ。

ジョニー
これはワンチャンあるぞ。

学生アパレルでバイトするデメリット

アパレルバイト デメリット

バイトとはいえ仕事だ。楽しいことばかりではないんだ。

自社ブランドを着用しなければならない

最初に断っておくが、全てのブランドで求められるわけでない。一部ではバイトであろうと、自社ブランドの着用を求められることがある、ということだ。

 

働くブランドが好きであれば、もしかしたらそこまで苦ではないかもしれないが、自社ブランドを着用しなければならないという事は、それだけ購入しないといけないって事だ。

 

先輩から貰えたりもするが、それでも最低限は購入しなければならないだろう。バイトする目的が「お金」であれば、自社ブランド着用のブランドは、面接へ行く前に避けるんだ。

制服支給のブランドがおすすめ

制服が支給されるブランドは限られるが、ラグジュアリーブランドでは基本的に制服が支給されることが多い。

 

先ほども少し触れたが、ラグジュアリーブランドのバイトは基本給が高い傾向にあるので、自社ブランドを買ってまではちょっと・・・って方には刺さるはずだ。

 

制服も支給なので買う必要はないし、時給もいいからね。それにラグジュアリーブランドはファッションの最前線だ。つまりファッション業界のトレンドをいち早く知ることができるし、客層も基本的にお金持ちが多い。

 

お金持ちと話す機会なんて早々ないからね。社会勉強にもなるので一石三鳥くらいになるだろ?

ジョニー
デメリットはメリットにもなり得るぞ。

学生バイトに求められるスキル

難しいことを求められる事はないので安心してほしい。

  • 笑顔
  • 素直さ
  • コミュニケーション能力

正直、私が面接をしていた時に、学生アルバイトを雇う基準にしていたのは上記の3つだけだ。冒頭でも少し触れたが、アルバイトに求める仕事っていうのは限られている。

ポイント

  • お客さんだけでなくスタッフ間でも愛想よく笑顔で対応できるか?
  • 指示に対して素直に実行できるか?
  • 接客業なので、お客さん・スタッフに適切なコミュニケーションが取れるか?

これだけだ。簡単だろ?失敗して怒られることも働いていると一度や二度は誰にだってある。そこで素直に反省して同じ失敗をしないように努力できる素直さがあり、笑顔で挨拶・会話ができればそれだけで十分なんだ。

 

特にアルバイトスタッフにはできるだけ仕事を楽しいと感じてほしいんだ。せっかく上記条件を満たしてアルバイトに来てくれてるんだからね。

ジョニー
アパレルは楽しいぞ。まずは怖がらずに飛び込んできてほしいんだ。

好きなブランドで効率よく稼ぐ方法

アパレルでアルバイトをする場合、基本的に求められる仕事は

  • 販売・接客
  • 裏方業務(ストック管理)

だと最初に伝えているね。よほど好きなブランドがある!っていうのでなければ、私はラグジュアリーブランドで働くことを激しくおすすめする。

 

ラグジュアリーブランドは取り扱いも高額商品が多く、見ているだけで楽しい。1着数十万円の洋服なんて普段は見ることも少ないからね。

 

それに早いうちから「ホンモノ」に触れていることで、感性も豊かになるし選択肢も広がる。何よりお客さんの質が高い。何かしらの社長さんをしてる方が多く、話していても常に勉強になるし得られる知識だって、学校では教えてくれないことも教えてくれることもある。

 

良い意味で刺激がたくさん受けることができるのが、ラグジュアリーブランドなんだ。

ジョニー
私がラグジュアリーブランドで働いているからってエコヒイキしているわけではないぞ?

で、その仕事探しはiDAがおすすめだ。

\登録無料!簡単3分!/

おすすめはiDA!その理由は?

iDAはアパレルに特化しているエージェントで、その中でもラフジュアリーブランドの求人にとにかく強い。私が働くブランドへ面接に来るバイトの方もほぼiDAだ。

 

また、これまでの取引実績も豊富で、そのまま正社員に上がっていくスタッフもいる。実際に私のブランドでもiDAでアルバイト入社し、正社員になったスタッフがいるんだ。

取引実績5,000ブランド以上
社員転籍社数1,000人以上

※2015年時点での実績

それだけでなくiDAは派遣・アルバイトに特化しているので、他のアパレルエージェントに比べても質が高く、求人数が豊富なので、選びやすいのもポイントだ。

 

全く知らない・興味がないブランドは嫌だろ?私だってそうだ。どうせなら好きなブランドで働きたいからね。要望が全て通るわけではないが、あなたの希望が実現する可能性が高いのがiDAなんだ。

 

ここで全てを書いてしまうと、かなり長くなってしまうので、興味が出た方は下記記事を読んで見てほしい。

今は、仕事を紹介してくれるエージェントは沢山ある便利な世の中だ。しかしその中でしっかり取捨選択していかないと、自分が苦しくなる。

 

アルバイト探しも、履歴書を書かなければいけないし、面接にだって行かなければならない。仕事さ探しの段階で無駄な時間は極力省きたいよね。

 

他のエージェントも知りたいって方のために、こちらも別記事でまとめてあるので参考にしてほしい。

ジョニー
エージェント選びはガチで大事だ。

まとめ

学生がアパレルでバイトするメリット・デメリットを紹介させていただいたが、個人的にはメリット部分がかなり大きいと思っている。

ポイント

  • 将来の仕事の選択肢に入るかどうか下調べしつつ
  • チームワークの大切さを学びながら
  • コミュニケーション能力も高まるし
  • 時給も悪くないし
  • おしゃれな彼女(彼氏)ができるかもしれない

デメリットもあるが、デメリットを余裕で打ち消すだけのメリットがあるんだよ。もし、アパレルのバイトをするか悩んでいるのであれば、この記事を読んだついでに、働いてみてはいかがだろう?

 

何事も「やらずに後悔ではなく、やって後悔」だ。どちらに転んでもあなたにとっていい経験になるのは間違いない。

ジョニー
後悔先に立たず、だよ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-アパレル業界のこと
-, ,

Copyright© Luxury Work , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.