アパレル営業

職種別で探す

アパレル業界で営業の仕事をしたい!仕事内容と求人の見つけ方を徹底解説!

投稿日:

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

アパレル業界での営業をしたい人も実は多いんだよ。私も昔、販売員から営業職へ転職しようとしたことがあったくらいだ。

 

私は結局、営業職へは移らず販売職として残ったんだが、アパレルの販売員からアパレルの営業を目指す人も一定数いるんだね。

 

これは私も通った道なので、理由は良くわかる。将来が不安になったんだろ?

 

このまま販売員のままでいいのか・・・っていう葛藤は誰だって通る。あなたがおかしい訳じゃない。

 

結論から言うと、販売職に向き不向きがあるように、営業職にもある。それに販売員から営業に転職できたからといって安定するわけでもない。安定を求めての転職であれば、正直あまりおすすめはしない。今のご時世、どこでも同じだ。だったら自分が輝けるフィールドで勝負したほうが楽しいだろ?

 

安定を求めての転職をあまりおすすめしない理由は販売員としてのキャリアがなくなり、新しく1からキャリアを積み上げなくてはならなくなるからだよ。そうなると年収は下がる可能性が高いし、仕事の知識なんかも営業が初めてであれば、新卒入社と変わらない訳だからね。

 

ただなんとなく、漠然と営業に行きたいってだけならやめておけ。結局、販売職に出戻ってくることになる。実際、私の知人もカムバックしてきている人がチラホラいるからね。

 

逆に営業が向いてる人は、今でも楽しそうに働いているよ。基本的に公休は暦通りになるからね。プライベートは充実しているようだよ。

 

私(僕)は販売員よりも営業が向いてると思うし、営業として頑張っていきたいんだ!って言うのなら私は全力で応援するぞ。当たり前だろ?

アパレル営業は大きく3つに分けられる

一口で営業といっても、その役割は大きく3つに分けられるんだ。

ポイント

  • 百貨店営業
  • リテール営業
  • ホールセール営業

どれも聞きなれない言葉だが、不安にならなくて大丈夫。簡単にだが説明しておこう。

ジョニー
正直覚える必要はない。こんなものがあるんだ、くらいに流し見程度でOKだ。

百貨店(ファッションビル)営業

ブランドによっては百貨店と交渉することも多々ある。百貨店は固いイメージだが、実際、イメージ通りに固いんだ。

 

新規のファッションビルとは違い、歴史がある百貨店が多いので仕方がないのだが、百貨店独自のルールも非常に多い。最初は、なんでそんなことをしないといけないんだって思うかもしれないが、「郷に入れば郷に従え」と昔から言うように、ルールに従う他ない。

 

最初からいかに好条件で契約できるかが、鍵になるので、そこはあなたの腕の見せ所だ。

 

また、百貨店の場合、各フロア毎に担当者が存在する。その担当者と良好な関係を気づいていくようにコミュニケーションを図って行くことが非常に大事なんだね。

ホールセール営業

リテール営業というのは、めちゃくちゃ簡単に説明すると、Aというブランド(直営店)がセレクトショップなどに商品を卸す交渉をする営業の人なんだ。

 

セレクトショップと契約するメリットは直営店でしか買えない商品を、手の届かないエリア(直営店がないエリア)で販売できるということ。

 

直営店に来ない客層に対してアプローチをかけることができ、認知度をあげることが主な目的なんだ。

リテール営業

さらに聞きなれない言葉かもしれませんが、直営で運営しているショップに対して営業をかけることを言うんだ。もっと噛み砕くと対個人に対して営業をすることをリテールと言うんだが、業界では「小売り」のことをリテールとも言うんだ。

 

今回の場合だと、いわゆるコンサルに近いイメージだね。ショップ運営が健全に売上げをUPすることができるように、スタッフ・商品に至るまで戦略や考えを浸透させることが目的だ。

アパレル営業の仕事内容

ショップや量販店に営業する

自社でどんなに素晴らしい商品を作っていても、置いてもらえるショップがなければ話にならない。良さを伝えるためには、より多くのショップに自社製品を並べてもらわないといけないからね。

 

営業するといっても、自社製品のことを深く理解していないと、とてもじゃないがオススメなんてできないだろ?つまりPR能力を問われる仕事なんだ。

 

あなたが営業に行くように、他の会社からも営業はたくさんきている。つまり他の会社に負けないようにPRして、自社製品の良さを最大限、伝えることが営業の仕事のメインになるんだ。

イベントの企画&展示会などで商談

自社製品の良さを世に伝えるために、営業がイベントや展示会などを企画するんだ。

 

イベントによってはハードなスケジュールになることもしばしばあるが、イベントが成功に終わったときのビールは格段にうまいんだ。

 

また、イベントや展示会を行ってそのまま、各バイヤーと商談になるケースも多々ある。商談までを営業がするケースは稀だが、昨今では柔軟性を求められることも多い。

 

経験を積んだ営業マンであれば、商談までこなすケースも珍しくはないんだ。

 

アパレルだから他の業種の営業とは違う!ってわけではない。基本的には「モノ」が変わるだけで、本質的には同じなんだ。

 

勤務先は基本的に、アパレルの製造業や卸業者などがメインになる。そこから、各セレクショップや量販店などに営業をかけて、自社製品をより多くおいて貰うことが最大のミッションだ。

アパレルの営業にあると有利なスキル

コミュケーション能力が高い

アパレル業界に関わらず、営業職で働くのであれば、コミュニケーション能力は必須と言ってもいい。対企業とコミュニケーションをとっていかねばならないんだからね。

 

それだけでなく適切な言葉使い・敬語を使えるかどうかも大事だ。もっと言えば電話対応はどうか?までだね。

 

ただ、これらをいきなり完璧にできるか?と言われると大半の人はできない。知識よりも経験がものを言うので、日々、経験しながら学んでいけば問題ない。

 

最低限必要なレベルはあるので、そこに自分が到達していないと感じるのであれば、日頃から意識して実践しておくといいだろう。

建設的(ロジカル)に話ができる

話が長くて何が言いたいのかわからない人ってあなたの周りにもいないかい?営業とは会話することがゴールではないんだ。

 

自社製品を置いてもらうことがゴールになるので、「何を」「どうしたいのか」を結論から順序立てて相手が納得しやすいように会話を組み立てる力は必要になる。

 

あなたの周りにも話が上手い人がいるだろ?どういう順序で会話を組み立てているのか、分析してみるといい。仲が良いのであれば、ロジカルに話す方法も聞いてみるといいだろう。

 

ただこれも、経験がものをいうので、日頃から会話の中で「伝えたい目的」をいかに伝えやすく話すといいか?っていうのをゲーム感覚でやってみるといい。

アパレルの営業求人が多いエージェント

クリーデンス

 

クリーデンスはラグジュアリーブランドの求人も圧倒的だが、アパレル業界全体で見ても求人数・非公開求人の数が圧倒的に多いんだ。

 

私が知っている中でアパレル業界で転職するなら、1番最初に利用をおすすめするエージェントだ。総合職でいうリクナビみたいなもんだよ。分かりやすいだろ?

 

大手で全国展開してるので、その分、求人数は多い。営業職の求人がここまで揃っているのはクリーデンスくらいじゃないか?

 

クリーデンスの詳細は下記記事にまとめてあるので参考にしてほしい。

ジョニー
要点だけまとめておくぞ

GOODポイント

  • 業界最大手
  • 利用可能エリアが日本全国可
  • 取り扱い職種(販売員以外の営業職など)も豊富
  • ラグジュアリーブランドの非公開求人が豊富

他にも履歴書や職務経歴書の添削もしてくれるし、精度も高い。これからパタンナーへ転職をするなら、まず最初に登録しておくべきエージェントだね。

 

逆にクリーデンスを差し置いて登録すべきアパレル転職エージェントがあるなら是非教えてほしい。言い過ぎだって?それくらい登録しておいて間違いないエージェントってことだよ。

クリーデンスに無料登録する>>>

ジョニー
話を聞くだけでも方向性が見えてくるぞ。

ファッショーネ

 

ファッショーネは関東エリアで仕事を探す人にしか利用することができない「関東エリア特化アパレル転職エージェント」なんだ。

 

アパレル業界に特化し、さらに関東エリアに特化させているので、関東エリアに関しての情報密度や非公開求人は他を圧倒するレベルなんだ。

 

特にファッション業界だと東京で働きたいって人も多いんじゃないか?私も東京は大好きだ。刺激が多くて毎日が楽しいからね。

 

詳しくは下記記事で口コミや評判をまとめているので参考にしてほしい。

ジョニー
要点だけまとめておくぞ

GOODポイント

  • 関東エリア(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)に特化
  • 取り扱い職種(販売員以外の営業職など)が豊富
  • 業界未経験でも利用可能

他にも履歴書や職務経歴書の添削、面接対策も当たり前のサービスだ。あなたが関東エリアで営業職を目指すのであれば、何を差し置いても利用すべきエージェントだと言える。

 

関東エリアに絞った場合、ファッショーネよりも案件数(非公開求人含む)の質が高いところは他にないんじゃないか?合ったら教えてほしい。それにエリアが絞られている分、ライバルがそれだけ少ないってことなんだ。チャンスをものにする可能性を少しでもあげて欲しいんだ。

ファッショーネの公式をチェックする>>>

ジョニー
あなたが関東エリアで営業職の仕事を探しているならラッキーだ。ファッショーネは関東エリアでしか使うことが出来ないんだからね。

まとめ

アパレルの営業は服好きには堪らない職種だと言える。展示会などで、自社ブランドだけでなく、他社の新製品をチェックすることができるからね。

 

また一箇所に留まって仕事をするのが嫌いな方にもオススメだ。移動時間がある分、体力的にはしんどいかもしれないが、販売員と違って一人になれる時間を意図的に作ることもできるからね。

 

アパレル営業は忙しい職種だが、その分やりがいがある仕事なんだよ。

 

私の友人でバイヤー兼営業っていう立ち位置の人がいるんだが、世界各国を飛び回りながら、百貨店や有名セレクトショップに営業をかけている姿をみると、私でも羨ましいと感じてしまうほどだぞ。

ジョニー
日々、刺激が欲しい方には営業職は向いていると言えるだろう。

ジョニーのおすすめエージェント2社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-職種別で探す
-, , ,

Copyright© Luxury Work , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.