アパレル販売員を辞めたいと感じたら

アパレル業界のこと

【アパレル販売員を辞めたいと感じたら】外資系ラグジュアリーブランドへ挑戦してみてほしい

ジョニー
やぁ、ジョニーだ。

少しネガティブなタイトルだが、アパレル業界を辞めてしまうのは簡単だ。「もう、辞めます」って上司に伝えればいいだけだからね。

 

しかし、アパレル販売員を辞めてしまう前に、今一度、考え直して見てほしい。

 

業界内に多いのだが、アパレル業界はオワコンだから、普通のサラリーマンになる!っていう層が一定数いるんだね。しかし、これははっきり言って思考停止している状態だ。

 

隣の芝は青く見えるっていうだろ?サラリーマンになったら生活が豊かになるなんて誰に言われたんだ?そんな保証どこにもないんだぞ?

 

むしろ、これまであなたが培ってきたキャリアを全て捨てて、全くの異業種であるサラリーマンになる必要はあるのかい?むしろ業界未経験であるあなたを雇ってくれる会社があるのかい?

 

仮にあったとしてもブラック企業じゃないのかい?それでも「アパレル販売員を辞めれるならいいんだ!」っていうのであれば、止めはしないが、それは「逃げ」じゃないんだな?

 

そもそもアパレル販売員を辞めたい理由はなんだい?

 

私はこの業界を盛り上げていきたい。だからアパレル業界から人が去っていくのが寂しい。人生は人それぞれだから止めることはできないが、アパレル業界でもやり方次第では年収だって大きく上げていくことは可能だし、定年まで働くことだってできる。

そんなあなたに、アパレル業界を辞めて全くの異業種サラリーマンで地獄を見る前に、ラグジュアリーブランドへ挑戦して見てほしいんだ。

そもそもアパレル販売員を辞めたい理由は?

実は私も過去にアパレル販売員を辞めたいと思った事はある。理由は違えどアパレル販売員を「辞めたい」と感じる理由はこんなところだろう

  • 給料が少ない
  • 残業が多い
  • 休みが不定期(暦通りではない)
  • 服を買わないといけないので貯金できない
  • 結婚できない

ここで、サラリーマンになった場合(ブラックは除く)、解決が約束されているのは「休みが暦通り」になる箇所だけだ。

 

あなたがアパレル販売員を辞めたい理由の第一位が休日なのであれば、暦通りに休める仕事へ行くんだ。私には引き止めることができそうもない。

 

しかし、他の理由だった場合、アパレル販売員を辞めたからといって解決するのだろうか?ここをもう一度よく考えて見てほしい。

辞めたところで結果が好転する事はない

アパレル販売員でいるうちは、普通のサラリーマンになったら当たり前のことが普通にできるようになると錯覚していないかい?

 

あなたの年齢にもよるが、異業種に転職した場合、給料はほぼ間違いなく下がるし、また一から知らないことを覚えることになる。

 

サラリーマンが全てホワイト企業だと思ってないかい?おそらくだが大手でもない限り、まだまだ残業を強いてくる企業は多いし、休日出勤だってあるかもしれない。もしかしたら毎日終電コースかもしれない。

 

アパレル販売員だと給料も少ないし残業も多いし休みも不定期だからって、結婚できないと嘆いている販売員も多いが、私は結婚しているし、私の現職場(ラグジュアリーブランド)での結婚率はかなり高いぞ?

洋服は買わなくてもよくなるかもしれないが、スーツの維持費も大変だぞ?着回せるように3着ほど用意し、シャツだってそれ以上に必要だし、革靴だって買わなくちゃならない。

 

転職の理由があなたに明確にやりたいことがあるような前向きな理由なのであれば心から応援するが、「ただ何となく辞めたいだけ」なのであれば正直おすすめはできない。あなたに引く手数多のスキルや経験があるのであれば話は別だがね。

 

であれば、これまでのキャリアを活かして次のステップへ転職した方がよほど建設的だとは思わないかい?そこで私は次のステップとして「外資系ラグジュアリーブランド」への転職を推奨したいんだ。

外資系ラグジュアリーブランドをおすすめする理由

全てではないが、日本の企業に比べて組織がきちんと出来上がっていることが挙げられる。例えば今の私の環境をざっくりとだけお伝えしておくと

  • 前職(セレクトショップ店長)から大幅年収UP
  • 土日でも事前に申告していれば普通に休める
  • 制服のため自腹で服を買う必要なし
  • ボーナス年2回

それに、昇給だって毎年きちんとあるからね。働きやすさで言えば前職の10倍は固いといっても言い過ぎではないレベルでよくなった。

 

ただ一つ勘違いして欲しくないのだが、全てのラグジュアリーブランドがそうではないということだ。会社が違えばやり方も変わるからね。転職前にちゃんと下調べするんだぞ。

 

下調べって言われても分からない?であれば、私も利用したクリーデンスを利用するといい。私はこの時担当してくれたお嬢さんのおかげでいまの会社にいるといっても過言ではないからね。

 

私の友人がクリーデンスを利用したときのインタビュー記事もあるので、こちらも参考になるだろう。

まぁ、知らなければ調べればいいだけだ。簡単だろ?一番怖いのはそもそも「知らない」ことだ。今の社会では情報が全てだ。

 

話を戻すが、外資系は資本主義の経営をしているところが多いんだ。

 

成績が良ければインセンティブとしてキャッシュバックされるし、コンプライアンスにも厳しいので、昔に比べるとパワハラやモラハラが撲滅されるのも時間の問題だろう。

 

残業だって以前のセレクトショップに比べると格段に少なくなっている。販売員なので繁忙期こそ定時上がりは難しかったりするが、繁忙期以外は余裕の定時ダッシュだ。

 

繁忙期でも私の場合だが、月/20時間くらいなので、たかだかしれているレベルだよ。ちなみに前職は月/50時間近くあったからね・・・

 

働きやすさもそうだが、何より「金銭面」が以前とは比べものにならないほど良くなったんだ。頑張ったら頑張った分だけ稼げるしね。モチベーションだって保ちやすい。

 

私はラグジュアリーブランドへ転職して3年ほどになる。そこで実際に働いてみて分かったことを正直に書いている記事もあるのでこちらも読んでみてくれ。

無謀にもキャリアを全て捨てて異業種サラリーマンへ行く前に、これまで培ってきたスキルと経験を活かしてラグジュアリーブランドへ挑戦してみてほしいんだ。

 

それでもダメだと感じてからでも遅くはない。キャリアを捨てることの方が勇気がいるしリスクがでかいんだよ。

まとめ

こんな方は要チェック

  • 漠然とサラリーマンが良いと思っている
  • 今が辛すぎるから逃げたい
  • 給料が少ないのが辛い

私もそうだったが、現状に不満が溜まり過ぎると「ここ」以外ならどこ行っても良くなると思いがちなんだ。

 

しかし実際はそうではないだろ?いきなり異業種へ転職した場合、悪くなる可能性の方が高いんだよ。全くの素人を採用するなら新卒でいい訳だからね。

 

この記事をここまで読んでくれてありがとう。「お前はたまたま上手くいっているだけ」と感じる人もいるだろう。

 

私がこの記事で伝えたいのは、漠然と異業種へ転職したらよくなるだろうと考えてしまっている人に選択肢を増やして欲しいからなんだ。

 

だから漠然とアパレル販売員を辞めたい!転職したい!だからサラリーマンになる!と、これまであなたが培ってきたスキルと経験を捨ててしまう前にラグジュアリーブランドという「選択肢」を是非とも加えてみてほしい。

ジョニー
人生は選択の連続だ。後悔しないように選択するんだぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニー

ジョニー

ラグジュアリーブランドへの転職を徹底的にサポートしてくれる”通称ジョニー” ご質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から宜しくどうぞ。

-アパレル業界のこと
-, ,

Copyright© Luxury Work , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.